タピオカとは

タピオカとは

タピオカとは

タピオカとは、南米原産のキャッサバというイモからできるデンプンのことを言います。

タピオカの名前の由来はブラジルの先住民の言語と言われており、アフリカや南米では主食としても使用されています。

さらにタピオカはお菓子の原材料や、生地のつなぎとして“もちもち感”を出すためによく使用されています。

また、台湾発祥のタピオカミルクティーをはじめとする、ドリンクに入れる丸いものは、タピオカを加工し作られたタピオカパールというものです。

タピオカは近年グルテンフリー食材としても注目されています。

タピオカの魅力

一度噛み締めれば幸せを感じることができる唯一の食べ飲み物です。

ドリンクに入れれば喉を潤しながらお腹を満たします。

かき氷や豆花に添えれば立派なデザートにも変身し、タピオカ粉はパンやパスタの生地にも活用されています。

タピオカでしか感じることのできない”あの”もちもち感。

人々はこのもちもち感にトリコになり、幸せを感じ、その幸せを他人と共有し、世界に幸せを伝染させるのです。

私たちは、そんなタピオカのさらなる可能性を信じています。

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。